Beauty

女性に多い問題をすぐに改善|治療で得られるビューティフルライフ

決める治療法

自分だけで判断しないで

あざにも色々な大きさや種類があります。さらにあざがある場所にもよって治療方法が変わってきます。まずは一人で悩んでいないで、専門家に相談する事をお勧めします。あざの治療をしている病院は整形外科や皮膚科があります。最近では皮膚科と一緒に美容皮膚科を行っている所もあり、女性が気軽にあざの治療の相談ができます。 病院では専門の医師があざの種類を詳しく調べ、どのような状態かを把握します。治療の方法もそのあざのある部位や大きさ、どの程度の深さのあざかできまります。根が深くあまり広範囲ではない物だと手術で取り除く事もありますが、自分がどの程度目立たなくしたいのかを明確にして、手術を希望するのか、別の方法を希望するのかを医師と相談して決めます。

簡単に目立たなくする

昔はあざの治療と言うと、切開して取り除く方法でした。しかし最近ではレーザーでの治療が一般的です。切開の良い所はあざの元から取り除くので、全く見えなくなります。ですが、手術をすると何週間は痛みが出てしまうのと、傷口の消毒をしなくてはなりません。何日かおきに病院へ通うことになります。そして、完治しても傷口が突っ張ったような感覚が残ったり、うっすらと傷が見える場合もあります。 レーザーでは薄く根が浅い物ならばきれいになります。少し根が深い物でもレーザーを何度かあてると元の色よりも薄くなります。レーザーの良い所は治療時間が短い事です。レーザーをあてるのに大体5分くらいで終わります。その後、1週間くらいは水ぶくれの様になって違和感がありますが、通院する必要もないのでとっても手軽です。